第三〇回京都芸術祭が10月25日〜30日まで京都市美術館別館で開催。
作品「残照」出品。

この展覧会にて、今年春に中国より七宝講習会に参加された張莉さんがワックス画の大作にて中国総領事館受賞。

20161211awardceremony

張莉さんは中国山東省にて工芸学校の教師。
受賞式典には実兄の張英正様が出席。
大拍手を受けました。

翌日うるし作家宅・鍛金作家宅など訪問・見学。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrPin on Pinterest

六月の東京都美術館・日工会展が終ると、秋の日展作品・制作に向かいます。

20161211nitten01

20161211nitten02
(制作中のパーツ)

約三ヶ月時間を用した作品「赫游」は入選となりました。

太陽であり、月でもあり、心でもあり
止まる事なく宇宙を回遊しつづける……。想いで制作。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrPin on Pinterest

20160611Nikkokai

2016年6月11日(土)~6月19日(日)
会場 東京都美術館2F

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrPin on Pinterest

2015年10月31日~12月7日
会場 国立新美術館

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrPin on Pinterest

news_img01

2月20日~28日の8日間、中国山東省の方が七宝技術習得を学びに来ました。 皆さまは、銀の製品を作っている企業の優秀な制作者で、銀胎に七宝を施して製品にすることを目的としていましたので、制作に対する情熱と集中力、そして妥協を許さない精神に尊服いたしました。

news_img02

仕事場に近い蒲田にホテルをとり、10時~17時のスケジュールでしたが終わりは19時がほとんど。切りがよい所までとなると20時過ぎていることも。

news_img03

この講習のために、硫酸や、銀の事透明釉など改めて学習し、自身の勉強にもなり、良い体験です。

news_img04

色々言われている中国ですが、個人個人と接してそして文化を通じて、もっと良い関わりが出来ればと思いました。

news_img05

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrPin on Pinterest